読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年4月12日(水)少女第九楽章-ガールズアンセム-3ヶ月連続無料公演 『試験的旋律-ベータコール-1』@セルビアンナイト川崎

 川崎で無銭!ということでGO。出場はリリックホリック歌劇団、Aphrodite、Splash!、ガルアンの4組。セルビアンナイトは初めて入ったが、ステージ高め、フロアも広くて見やすくよい会場。5月、6月にもガルアン主催で平日無銭を行うとのことなので期待大。

 先頭、リリックホリック歌劇団歌劇団というだけあって歌唱力が尋常でない。ハイトーンでちり緬ビブラート効かせるとは素人の技ではない(当たり前。)三人組の誰が誰なのか名前も判別できなかったがみな実力は高そう。楽しそうなグループ名なのにゴリゴリのデスロックでヘドバンしまくりのギャップがおもしろい。まるで浜田麻里が三人いるみたいなハイトーンの応酬に筆者も力が入る。こんな凄いボーカルがいればまともなガールズ・デスメタルバンドが三組くらいできそうなことを考えるとなんともったいない…というか豪華な使い方。ハモリもきれいにキメてたと思う。昔モーターヘッドの音がゴリゴリ過ぎて怖くて聞けなかったのが笑えるほど今や日本のアイドルの方がデスヴォイス全開で超ハード。これにはマーティもびっくりだろう。

 二番手Aphrodite。客席に急に3~4歳児くらいの子供二人登場でこちらに気を取られる。お客さんのお子さんらしいがハロプロなどの健全なライブであればともかくデスヴォイス全開のハードなライブの現場で見るとかなり驚く。ただし当人たちは慣れてるのかサイリウム振りながら結構ノリノリ。他のファンも毎度のことなのかニコニコして子どもが来たらしゃがんで一緒にサイリウム振ってあげたり、抱っこしてステージ見せてあげたりとアイドルオタク優しい。というわけでAphrodite、これまたゴシックメタルを志向する耽美的なビジュアル系アイドルだかリリホリの後だけに比べてしまうと厳しい(というかあちらが規格外か。)ビジュアルは優っているように思えるがアイドルはそれだけではないからね。それにしてもハードな音作りが二組続くと相当疲れる。

 というところで一服の清涼剤的なSplash!。一人で出てきたから他のメンバーお休み?と思ったら今は一人で活躍中とのこと。里田まいカントリー娘。)みたいなものか。こちらもアップテンポで勢いはあるもののシンセとギターのバランスがよくて聞きやすいハードポップ?な感じ。物販ではCDを半額で販売中とのことでお買い得。疲れたので物販遠慮してしまったのが悔やまれる。曲もよいし歌、ダンスともにパフォーマンスの水準も高いし、客席の煽りも堂に入っていて安心して盛り上がれる職人の仕事を見たという感じ。

 そして主催でありラストを飾る少女第九楽章-ガールズアンセム-ビジュアル面では頭ひとつ抜けており、楽曲やパフォーマンスも悪くない。他のグループの激しいパフォーマンスに疲れた後では見た目の爽やかさもあってヲタの心と体に優しいライブパフォーマンス。メンバーは4人とのことだが当夜は3人の出場。センターの宮澤美琴(名前だけで既に推したくなる)は均整の取れたスタイルに往年のセクシー女優朝河蘭を彷彿とさせる大人びた表情で観客(というか筆者)の視線を釘付けに。また最年少の此花佳桜は中学生ながら170cm超というモデルのようなスタイルで思わず見とれてしまう。そして当日、約ひと月ぶりに復帰を果たしたという雪白ひまり。当人から挨拶があるとのことでファンが一旦腰を落として聞く体制に入ると何やらツイッターで何か都合の悪いことをつぶやいてしまい、関係者に迷惑をかけしてまったとのこと。まあ、年齢も低そうだし(JCかJKくらい?)若気の至りというのはあるよね、ふーん。という程度で聞いていたのだが何だか会場の雰囲気が変。ふつう、こういう場合、もっと温かく「おかえり!」とか「待ってたよ!」とかの声が上がっておかしくないのだが、観客はひたすら静か。んー何があったんだろうと気になる中、やたら緊張した面持ちのひまりちゃんが感極まって落涙。それでも静かな客席。うーん、とうなっている間にもパフォーマンス再開、そして観客への謝罪コメントを終えて緊張の糸が切れたか上演中にもまた嗚咽を漏らす場面が。なんだかよくわからないうちに終わってしまい狐につままれたような心持のまま帰途に。ところがネットで調べたとたんに疑問は氷解。しばらく前に地下アイドル界隈で話題になった裏垢で待遇の不満を呟いて音信不通になった子だった。これだけならよくあることだが(よくはあるが普通戻ってこない)そもそもこの事象に対して現役メンバーが(つまり美琴氏)がプログで批判したことで事件は発覚、まとめられた経緯がある。これは結構辛辣。年齢やその行動から考えるにまだ幼さの残る少女であろうにここまでこじれた環境に戻ってくるには相当な勇気が必要だったであろうことは想像に難くない。そもそも、まとめの記事を見るにこの少女に同情すべき点は多々あるように感じられるのだが、会場の雰囲気は「よく戻ってきたね(o^―^o)ニコ」というよりは「よく戻って来れたな(# ゚Д゚)」という感じ。古くから応援していたファンにはこの少女が入って間もないのによくしてくれたメンバーに後足で砂をかけて出ていこうとしたように見えたのであろうか。確かにステージ上で泣き崩れそうな少女を励まして支えた美琴氏の懐の深さは初見ながらも感じられただけにファンからの人望は高いのだろう。何気ない復帰セレモニーに見えた事象がこのような文脈を捉えた上で改めて振り返ると大変なドラマツルギーを包含したイベントとして記憶の中に立ち上がってくるからおもしろい。継続して見ていきたいグルーブだ。