読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年10月23日(日) 寺島由芙 「ワセジョの夢の叶え方」@2016稲門祭

 随分前のイベントだがせっかくメモを取っていたので備忘録として残しておく。早稲田大学の学祭における2014年文学部卒のゆっふぃーと1996年政経卒の歌手の宮苑晶子さんとのトークイベント。場所は8号館311教室。

 自己紹介でなぜアイドルになろうとしたのかを語るゆっふぃー。17歳のころまでモーニング娘。が好きでオーディションも受けていたとのこと。この場では語らなかったが、調べるとキッズオーデを受けていたことが判明。ゆっふぃー小5のことなので受かっていれば同学年の舞美やももちと時代を作っていた可能性も。その後小春のきらりんが好きだったと言っているので娘。8期メンバーも受けている模様だが光井愛佳とゆっふぃー。。。娘。史に残る最大の謎のせいでここでもアイドルの夢を絶たれた後は受験に専念。大学入学後の19歳で焦りを感じていたところ語学の授業の学友がニコ動で配信していることを知り自ら発信する道があるのだと開眼。このご学友について聞かれ「男の子だけどただの友達だから!オタクはすぐ病んじゃうから」と繊細なヲタに配慮。そこから積極的に作曲家のコミュニティにコンタクトして曲をつくってもらいライブハウスで歌うようになったのだとか。その縁で受けたBiSのオーディションが世に出るきっかけとなるのだからアイドルとしては遅咲き。かなり遠回りをしたといえるだろう。

 ただし本人はあまりそれを肯定的にとらえているようだ。今は小学生でオーディションを受けて芸能界入りをする子供もいるが大人になって後悔しないか心配とのこと。ゆっふぃーの場合は自分で判断で始められたのでそれはよかったと感じているそうだ。実際、その自立性はバイト選びにも表れている。ふつうは求人広告を通して申し込むものだが、ゆっふぃーは通学途上で講義が始まる前の短時間だけの勤務でも務まることなどの条件に合うパスタ店にバイトの募集もしていないのに自ら電話をかけて職を勝ち取ったというから尋常ではない。自分の運命は自ら切り開いていくものという強い意志が感じられる。

 座右の銘は「学をなすに三要あり、志なり、勤なり、好なり」これは中学の生徒手帳に載っていたとのことだが、好きなことを続けたいということでゆるキャラで卒論も書き、ゆるキャラのイベントに通い詰めることで先方から声がかかりゆるキャラのお姉さんのような仕事も増えていったという。5年後にどうなっているかと聞かれ、30歳になるのでアイドルとしては苦しいかもしれないがゆるキャラの仕事は続けていたいし、加えて早稲田で学んだことを生かしこれからは文筆の方で発信側に回る仕事をしたいとも。出版したら記念のサイン会や握手会に来てね、とオタクにアピールも忘れない。握手も実は好きなのでやれる仕事はやりたいと。

 最後に質問の時間はありません、聞きたいことはゆっふぃーの握手会で聞いてね、としごとのできる女性らしくクールに閉める宮苑さんにかぶせて「10秒しかないけどね」とオタクを凍らせるゆっふぃー。Facebookでの参加申し込みということでかなりハードルの高いイベントだったのでオタクが集結していたのかは定かではないが、随所にオタクをいじるゆっふぃーのやさしさ(?)が伺えて興味深いイベントではあった。本当はワセジョらしさとは、みたいな話もあって「女扱いされない!ちやほやされない!」という点で意気投合する場面もあったのだが、ゆっふぃーが身近にいて手を出さないとも思えないのでこの辺は話半分で聞いておくべきかと。