読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年1月24日(火)ピンク・ベイビーズ 新曲「UFO」リリースイベント@タワーレコード横浜ビブレ店

 ピンクレディーのカバーグループということであまり積極的に見に行く動機に欠けるせいか意外にも初見。今回は平日の夕方に横浜でのイベントということもあってかメンバーはおそらく年長の5人。開始前に店内でビラ配りをしていたがあくまで一般客風を装っているためかビラはいただけなかった。

 S.O.S.から始まって知らない曲を一曲はさみペッパー警部渚のシンドバッド、愛しのニューオーリンズ、UFOと懐かしの曲が並ぶと自然に手が動き振りをなぞってしまう。UFOの脚パカパカもしたくなるがそこは大人の分別で我慢。そんな世代。愛しのニューオーリンズなんて曲は現役世代ではあっても初めて聞くような曲なのだが、これがまた都倉俊一の懐かしい雰囲気のメロディーをみーちゃんけいちゃんを彷彿とさせるしっかりした歌唱力で意外にも聞かせる。正直、結構、うまいじゃないかと。客席は案の定、筆者と同世代かそれ以上の中年男性がメインで時折若い人も見かけたけれども、ピンクレディーが突き刺さるのはやはり小学生時分にTVで見て学校で休み時間になれば誰かが歌って踊ってたという時代を経て育った我々の世代だろう。この懐かしいピンクレディーの曲をアレンジもほとんど変えずに(これはあえて今風にして中年男性を遠ざけないためのポリシーに基づくのだろう)しっかりと歌える可愛い女の子に演じさせる。これはターゲットの中年男性がもしどこかのイベントで出くわしてしまったら逃れようがないのではないか。あらためて感じるピンクレディーの破壊力恐るべし。