読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年11月16日(水) ハッピーくるくる@新宿dues

 「のの」と「きのこ」のJK(?)二人組ユニット。キュートなエレポップは一聴の価値あり。ということでDDにありがたい無銭ライブ、地球人主催の「ハッピーセット in 地球」へGO。

 出演は地球人、リナチックステイト、ハピくるの三組。冒頭、途中入場したので詳細は不明だが、背中に貼られた(本人はわからない)NGワードを口にせずに告知を行うというゲーム。これで買ったチームから出場順を決めるというもの。最後のリナさんの告知しか聞いていないが甲乙付け難かったようで会場の拍手では結審せず。なぜかじゃんけんで決定することに。勝った地球人が先発を選び次にハピくるがトリときてリナさんが自動的に真ん中という順番。

 正直ハピくるの曲しか聞いたことがなかったので他二組は未知数だったのだが、地球人一曲目のケルト風(と運営さんは表現してたがより具体的にいうとポーグスとかのアイリッシュカントリー風味)のフィドルや笛をフィーチャーしたイントロに期待値は一気に高まる。ナニコレオモシロイ。小柄なもぐちゃんと長身のさらさの二人組のひとくせありそうな雰囲気もぐー。アイドルであまりない曲調だと思うけどヲタも大盛り上がり。というか狭いスペースに人多すぎ。見たところ他の現場に比べて若い人が多そうでその分勢いも。ステージが低いのでアイドルは概して小柄なこともあり客席後方からは見えにくいのが難点か。二曲目以降はアジア風というか日本風というか無国籍風というか。地球人というのは国籍にとらわれないというような深淵な意味でグループ名としているのであればなかなかよくできたコンセプトアイドルだと思う。Youtubeなどで他の曲も聞いてみてよさそうだったらまた見たい。とりあえず一曲目のCDはゲト。

 二組目はソロなのにプロジェクト扱いのリナチックステイト通称リナさん。曲調はもろにボカロという感じで他二組も含めて当日の演目では一番キャッチー。地球人と同じプロデューサーのようだが、こちらは大分ボカロ≒踊ってみたな感じで今風の若い人向けテイストに振っているように感じる。CDは自身主催のライブで発売としているためか当夜はCD販売なく残念。売っていたらおそらく寄った勢いで買っていたのでお財布的には助かったとも言えるが。

 そしてトリにハピくる登場。なんだかよくわからないもこもこしたパーカーのような衣装。twitterのヘッダーやアイコン、CDジャケ写などに採用しているめるへんちっくなイラストのキャラクターのイメージを逸脱しないようリアルでも統一感を保っている点でこちらもコンセプトアイドルとしての方向性が明確で他のグループとは一線を画す。地球人とは違い二人とも小柄かつ実際にもJKと若いことからぬいぐるみ的な愛玩アイドルとしての破壊力抜群。曲名がわからないのでいまひとつ記憶が整理できないのだが「きのこー」や「のちゃーん」のコールは頻繁に入っていたように思う。エレポップ風な曲調でミックスとか思い切り向かないと思うし曲調に合わなければよせばいいと思うのだがそれでも無理やり入れ込むあたりにまたまた暗黙知の伝播のメカニズムのおもしろさを感じる。とりあえず「タイトルチューン天地想像」のCDを買ってきのこちゃんにランチェキにサインしてもらったがガチランダムでののちゃんの写真にきのこサインというねじれ現象はいずれ解消せねばなるまい。