読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年11月9日(水) LasRabbi  Me-You sic Girl's Image@ASTRO HALL

 LasRabbiの原宿アストロホールでの対バン。出演者はPOSH、LasRabbi、フレンドフレンド、カマトト、プリンセス・タイム、なちゅらリウムvivid、魔法女子☆セイレーンの7組。告知に気合がはいっていたところを見ると動員数によって今後この主催から声がかかるか、あるいは出演順などの条件が変わってくるものと推測される。入場時にちらっと見えた予約者リストには10人程度の名前が載っていたので少なくはないがトリのセイレーンが20人近いヲタクでフロアを埋めたことを考えると物足りなく感じられる。このレベルのアイドルにおいて対バンで影響が大きいのはタレントのルックスやスキルよりもファンの献身度である。当夜の最高潮は間違いなくトリのセイレーンであったが、彼女たちが別の場所でまったく同じパフォーマンスを実行できたとしてもファンが少数、あるいはノリが悪いなどの環境下であれば他のアイドル目当ての観客へのアピールはまったく違うものになっただろう。なお当夜の出演者の中ではアイドルとしての水準も抜きんでていたことは言い添えておくべきだろう。楽曲、メンバーのルックス、衣装、ダンスの振り付けとフォーメーション。どれをとっても明確なコンセプトのもときちんと準備されて整えられたものだ。すでに終演時に22時近かったため物販にはよらずに帰ったが、おそらくレギュレーションも整理されたものであったに違いない。ヲタの盛り上がりから中堅程度の人気があるのかと思いきやTwitterのフォロワーが1000人に満たないメンバーが多いようだ。スケジュールを見るとホームでの定期公演中心で対バンはあまりないようなので(収益面であまり旨みはないのかもしれない)一定規模の固定ファンによる収益で安定して運営できている可能性もある。

 

以下個別感想。

POSH:町田有紗ちゃん、野上貴子ちゃんはフレッシュ撮影会でもおなじみ。もう一人の秋山けいとちゃんは最近入ったそうだ。動員が少ないせいか開演直後の出番。たしかにヲタは少なかった(ヲタT二人)意外と真面目にアイドルしていた。曲の印象は正直あまりないのだが物販でCDを購入したので後で聞いてみる。

LasRabbi:パジャマでの登壇。工藤千里卒業前対バンでは5人最後とのこと。定番の「Last Rabbit」、「え?」などを熱唱。ヲタで普段見ない人が張り切っていた。いつもの常連さんと顔見知りらしいのでそれなりに古参なのであろう。

フレンドフレンド:元ALLOVERnxのメンバーが加入した模様。ラスラビ萌恵ちゃんとの写メをtweetしていた。こちらもパフォーマンスの印象はあまり残っていない。

カマトト:勘違いしないでね、まだ、年取ってない、の略だそうだ。普段はOLとのことなので会社の同僚が動員されたのかアイドルファンらしくないおしゃれな若者がフロアにずらり。子連れの若夫婦まで来場しクラブか何かと見紛うような光景。おそらく強制動員されたためだろうか、モータウン系の曲にも微動だにせず地蔵状態の観客の皆さま。いくらなんでもそれはないだろうと思うがよほど腹に据えかねていたのかみなさんシビアだった。おそらくその反応が伝わったのだろう。開演まではグループのTwitterで熱く宣伝していたのに公演後のtweetがない。合掌。

プリンセス・タイム:北海道から出張ベースで来ていたらしい。観客の冷たい反応に「これがアウェイの洗礼か!」との魂の叫びがぐー。パフォーマンス自体はあまり印象に残っていない。

なちゅらリウム.vivid:サイファーで以前見たことのあるグループ。サイリウムをもって踊るなかなか楽しいパフォーマンス。現役女子高生の南はなちゃんがtwitterやビラ配りでなかなかいい絡みをしてくれるので一度物販にも寄ってみたい。夏場にはメンバーが続々と辞めてしまい、自分一人残っても続けていたという根性ガール。Angelipのじゅりやんぬにも通ずる熱いアイドル魂を感じる。今後要注目。

魔法女子☆セイレーン:冒頭で熱く語ってしまったので特にコメントすることもないのだが無銭の定期公演を土曜日に行っているということで大変魅力的。いかんせん土日はなかなか身動きが取れず。平日の対バンやリリイベなどがあればぜひチェックしたいグループだ。